バイオネーター

「バイオネーター」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

バイオネーターとは?

バイオネーターとは、AngleⅡ級1類不正咬合のための矯正装置である。バイオネーターは機能的矯正装置のうちの1つで、舌や口腔周囲筋自体の力、装置を介した筋力を利用したものである。



バイオネーターの構成

バイオネーターの構成は以下から成る。
  • 唇側線
  • 舌側線
  • パラタルアーチ
  • 拡大スクリュー
  • レジン床

バイオネーターの作用

バイオネーターの作用は以下である。
  • 顎骨の位置変化・成長誘導
  • 口腔周囲筋の調和
  • パラタルアーチやスクリューによる機械的矯正

バイオネーターの適応

バイオネーターの適応は、AngleⅡ級1類の不正咬合患者である。

バイオネーターの使用方法

バイオネーターの使用方法は以下である。
  • 唇側線は前歯に接しない状態で設定する(前歯における舌側への矯正力が起こらないようにする)
  • 歯列に応じてパラタルアーチ・拡大スクリューによる機械的な歯列拡大を行う

バイオネーターの注意点

バイオネーターの注意点は、パラタルアーチが舌と適度に接触するよう設定することである。これはバイオネーターにおけるパラタルアーチが、後方へのループによって舌背を刺激し、下顎を前方に誘導する作用があるためである。そのためパラタルアーチと舌の接触は、意味のあるものであることを患者に理解してもらう必要がある。




「バイオネーター」の文献・書籍など

【読み】

ばいおねーたー

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

歯列・骨格の症例リスト

模試の問題で混合歯列期の機能性下顎前突に用いるのはどれか2つって問題で、選択肢にバイオネーターとアクチバトールがありました。
答えはアクチバトールと他の選択肢だったのですが、バイオネーターは機能性下顎前突に用いることは不可能なんですか?

1Dでこの症例を見る

アクチバトールとバイオネーターの具体的な適応症を教えてもらいたいです
教科書を見ても想像ができなくていまいち理解できません

1Dでこの症例を見る