下顎安静位利用法

「下顎安静位利用法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

下顎安静位利用法とは?

下顎安静位利用法とは、咬合採得のうち垂直的顎間関係の決定法の一つで、下顎安静位を利用して咬合高径を決定する咬合採得法である。



下顎安静位利用法の方法

下顎安静位利用法の方法は以下の通りである。
  1. 上下顎の皮膚上に標点(目印)を設定する。
  2. 標点間の距離を計測し、下顎安静時のものから平均的な安静空隙量(2~3mm)を減じた値となる顎位を中心咬合位とする。

下顎安静位利用法の原理

下顎安静位利用法は、無歯顎者の患者の下顎安静位が歯が有った時と変わらない位置にあることを利用する方法である。


「下顎安静位利用法」の文献・書籍など

【読み】

かがくあんせいいりようほう

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語