デンチャースペース

「デンチャースペース」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

デンチャースペースとは?

デンチャースペースとは、口腔内に存在する空間のひとつで、具体的には上顎顎堤・硬口蓋・軟口蓋・下顎顎堤・口腔底・舌・口唇や頬部の筋によって囲まれる領域のことである。歯の喪失と歯槽骨の吸収によって生じる口腔内の空隙に口蓋部と義歯辺縁部を含めた空隙とも解釈される。なお、デンチャースペースの中にはさらにニュートラルゾーンと呼ばれる領域が存在する。

デンチャースペース.jpg 61.76 KB



デンチャースペースの重要性

口腔内で義歯に加わる側方圧は、義歯の脱離に大きく影響する。デンチャースペースの動態を記録し、これに調和するような義歯の製作をすることで義歯にかかる側方圧を義歯の維持圧に利用することができる。とくに義歯床面積が上顎より小さく、可動組織に取り囲まれる下顎の義歯を安定させる上でデンチャースペースは重要である。

デンチャースペースを構成する筋

義歯を維持するのに関わるものとして、頬筋・口輪筋・舌固有筋・モダイオラスを構成する筋群が挙げられる。これらは筋の走行が顎堤に対し平行で、義歯辺縁に作用しないことが特徴である。筋の活動によりデンチャースペースの位置や幅など、側面の形態が変化する。

義歯の脱離に関わるものとして、咬筋・オトガイ筋・オトガイ舌筋・顎舌骨筋・内側翼突筋・口蓋舌筋・茎突舌筋・上唇を動かす筋群が挙げられる。これらの筋は走行が顎堤に対し直交あるいは斜交しており、筋の活動によりデンチャースペースの前庭と舌側溝の位置と形態が変化する(→印象採得時の辺縁形成に活用される)。

デンチャースペースの記録法

デンチャースペースを記録する代表的な方法はニュートラルゾーンテクニックフレンジテクニックピエゾグラフィである。

デンチャースペースという名称

デンチャースペースという名称は1965年にBrillらによって報告された。しかし、この概念についてはそれ以前より多くの研究者によって注目されていたため、デンチャースペース以外にも様々な名称がつけられていた。1937年にはFishによりデッドスペース、1956年にLammieによりニュートラルゾーン、1961年にMattewsらによりゾーンオブミニマルコンフリクトなどと呼ばれた。




「デンチャースペース」の文献・書籍など

【読み】

でんじゃーすぺーす

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

義歯製作の症例リスト

初めて投稿するものです。
去年研修医が終わりまだまだ未熟なものですがよろしくお願いします。
ものが噛みにくいという症例でいらっしゃった患者さんなのですが、模型を見る通りデンチャースペースが全くなく、右上567は頬側に転移し噛み合っていなく、3本とも動揺度は2度です。
治療計画としましては、3本EXTし即時義歯を入れようと考えていたのですがデンチャースペースの問題があり、どこから手をつけて良いのかわからない状態です。
即時義歯で無理矢理右側を噛めるようにし、咬合を変えていくしかないのでしょうか。
1枚目が咬合時、2枚目が上顎、3枚目が下顎の写真です。
ツッコミどころは多いと思いますが、検討していただくと幸いです。よろしくお願いします。

1Dでこの症例を見る

おはようございます。
『頬粘膜で義歯を維持する』
事は専門用語あるのですか?

質問ばっかりで申し訳ありません(*ᵕᴗᵕ)⁾⁾

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語