ガマ腫

「ガマ腫」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ガマ腫とは?

ガマ腫とは、粘液嚢胞のうち舌下部や顎下部に生じたものをいう。ガマ腫の内容液は透明で粘稠性である。


ガマ腫の分類

ガマ腫ができた部位による分類と、ガマ腫の嚢胞壁の構造による分類がある。
  • ガマ腫ができた部位による分類
    • 舌下型:顎舌骨筋よりも上にできたもので、最も多い
    • 顎下型:顎舌骨筋を越えて下方へ進展したもの
    • 舌下顎下型:舌下型と顎下型を合併したもの
  • ガマ腫の嚢胞壁の構造による分類
    • 溢出型:裏装上皮を持たないもので、唾液が周りの組織に漏れて溜まったもの。病理検査では線維性結合組織に囲まれた嚢胞のような構造をしている。
    • 貯留型:裏装上皮を持ち、唾液が導管内に溜まったもの。病理検査では肉芽と線維性結合組織に囲まれた構造をしている。

ガマ腫の症状

ガマ腫の主な症状は以下である。
  • 境界明瞭な半球状腫瘤
  • 痛みはない
  • 弾力のある軟らかい腫瘤
  • 色は正常粘膜色あるいは紫青色
  • 波動を触知する

ガマ腫の原因

ガマ腫は顎下腺や舌下腺の導管傷害や唾液の流出障害が原因である。

ガマ腫と類皮嚢胞・類表皮嚢胞の違い

ガマ腫は波動を触知するが、類皮嚢胞・類表皮嚢胞は波動を触知しない。またガマ腫は口底部の片側に生じるが、類皮嚢胞・類表皮嚢胞は口底部、オトガイ部、正中頸部に生じる。

ガマ腫の治療方法

ガマ腫の治療方法としては開窓療法が一般的である。ガマ腫の大きさが小さい場合は摘出術を行うこともある。ガマ腫が再発を繰り返すようであれば、舌下腺とともに摘出する。舌下腺摘出時は舌神経や舌下神経、舌下動静脈を損傷しないよう注意する必要がある。





「ガマ腫」の文献・書籍など

【読み】

がましゅ

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事