歯原性粘液腫

「歯原性粘液腫」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯原性粘液腫とは?

歯原性粘液腫とは、顎骨に生じる歯原性の粘液腫である。歯原性粘液腫は10〜40代、特に20〜30代の女性に多く発症し、下顎大臼歯部の顎骨に多く見られる。顎骨以外の骨の生じたものは、単に「粘液腫」と呼ぶ。歯原性粘液腫は良性だが局所的な浸潤性が強く、再発しやすい。歯原性粘液腫の内容物はゼリー状で、色は半透明の黄白色である。

歯原性粘液腫はX線画像では境界明瞭な多胞性の透過像を示す。この多胞性所見は、「石けんの泡状透過像」と表現されることも多い。歯原性粘液腫のX線透過像の中には、樹枝状あるいはテニスラケット状の不透過像を認める。

歯原性粘液腫の病理検査では、粘液水腫様の器質が主で、細胞成分は少ないことがわかる。紡錘形または星状の細胞が点在し、歯原性上皮や石灰化物の散在を認めることにある。



歯原性粘液腫の症状

歯原性粘液腫の症状は以下である。
  • 顎骨の膨隆
  • 痛みはない
  • 隣接する歯の圧排・傾斜・転位

歯原性粘液腫の原因

歯原性粘液腫は、歯原性間葉組織が原因と考えられている。

歯原性粘液腫の治療方法

歯原性粘液腫は、該当部位周囲の健常骨を含めた顎骨切除術が主である。単純な摘出では再発しやすいからである。




「歯原性粘液腫」の文献・書籍など

【読み】

しげんせいねんえきしゅ

【文献・書籍】

・『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.
・『SIMPLE TEXT口腔外科の疾患と治療 第3版』, 栗田賢一ら, 株式会社永末書店, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語