甲状舌管嚢胞

「甲状舌管嚢胞」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

甲状舌管嚢胞とは?

甲状舌管嚢胞とは、正中頸部にできる嚢胞である。甲状舌管嚢胞は10代以下と30代以上に多く見られ、舌骨と甲状線との間に発症することが多い。甲状舌管嚢胞はまれに癌化傾向を示す。甲状舌管嚢胞は上皮下に甲状線組織や甲状線濾胞が見られることがある。

甲状舌管嚢胞は軟組織の嚢胞であるため、単純X線撮影では診断できない。エコー検査を行うと、甲状舌管嚢胞の内部は低エコー、周りは後方エコーの増強が見られる。T2強調MRIでは甲状舌管嚢胞は高信号像を示す。



甲状舌管嚢胞の症状

甲状舌管嚢胞の症状は以下である。
  • 正中頸部の腫脹
  • 痛みはない
  • 弾力のある腫脹
  • 波動を触知する

甲状舌管嚢胞と鰓嚢胞の見極め

甲状舌管嚢胞は正中頸部に生じ、鰓嚢胞は側頸部に生じる。

甲状舌管嚢胞の原因

甲状舌管嚢胞の原因は、胎生期の甲状舌管上皮の遺残である。

甲状舌管嚢胞の治療方法

甲状舌管嚢胞への対応は摘出術である。




「甲状舌管嚢胞」の文献・書籍など

【読み】

こうじょうぜつかんのうほう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語