ブランディンヌーン(Blandin-Nuhn)嚢胞

「ブランディンヌーン(Blandin-Nuhn)嚢胞」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ブランディンヌーン(Blandin-Nuhn)嚢胞とは?

ブランディンヌーン嚢胞とは、粘液嚢胞のうち前舌腺(舌尖部下面)に生じたものをいう。ブランディンヌーン嚢胞の内容液は透明で粘稠性である。ブランディンヌーン嚢胞はBlandin-Nuhn嚢胞とも書く。



ブランディンヌーン(Blandin-Nuhn)嚢胞の症状

ブランディンヌーン嚢胞の主な症状は以下である。
  • 境界明瞭な半球状腫瘤
  • 痛みはない
  • 弾力のある軟らかい腫瘤
  • 色は正常粘膜色あるいは紫青色
  • 波動を触知する

ブランディンヌーン(Blandin-Nuhn)嚢胞の原因

ブランディンヌーン嚢胞は、唾液の流出障害が原因である。

ブランディンヌーン(Blandin-Nuhn)嚢胞の治療方法

ブランディンヌーン嚢胞の治療方法としては摘出が一般的である。ブランディンヌーン嚢胞が再発を繰り返すようであれば、小唾液腺ごと摘出する。




「ブランディンヌーン(Blandin-Nuhn)嚢胞」の文献・書籍など

【読み】

ぶらんでぃんぬーんのうほう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語