逆ポイント法

「逆ポイント法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月06日

逆ポイント法とは?

逆ポイント法とは、歯内治療における根管充填方法の一つで、根管が太く適したガッタパーチャポイントがない場合、ポイントの頭部から逆に根管に挿入し充填する方法である。逆ポイント法ロールポイント法と同じく、太い根管ではポイントが適合が難しく、緊密な封鎖が得られにくいが、他に簡単な充填方法があるためメジャーな方法ではない。





「逆ポイント法」の文献・書籍など

【読み】

ぎゃくぽいんとほう

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。