オールセラミッククラウン

「オールセラミッククラウン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月18日

オールセラミッククラウンとは?

オールセラミッククラウンとは、全部被覆冠のジャケットクラウンのうち、歯冠全体を被覆するクラウンの材料がすべてセラミックス(陶材)によるものをいう。
オールセラミッククラウンは陶材焼付鋳造冠と違い、金属による裏打ちがないことから、天然歯と同じ様に半透明性が確保できるため、審美的な要求が高い補綴物に適している。
ジルコニアやアルミナなどに象徴されるファインセラミックスの歯科医療への応用可能性が広がったことにより、金属と同等以上の強度を持ち、なおかつ審美性に勝るセラミックスによる歯冠修復が可能になった。
近年ではオールセラミッククラウン用の陶材の強度が著しく向上していることから、臨床での利用頻度が高まっている。



オールセラミッククラウンの利点・メリット

オールセラミッククラウンには、下記で示すような利点・メリットがある。
  • 色調が天然歯と近い
  • 口腔内で化学的に安定している
  • 生体親和性が高い
  • 熱・電気の不良導体である
  • 耐摩耗性に優れる
  • 吸水性がなく変色しにくい
  • 表面性状が滑沢である

オールセラミッククラウンの欠点・デメリット

一方でオールセラミッククラウンには、下記のような欠点・デメリットがある。
  • 衝撃力に弱い
  • 歯質削除量が多い
  • 製作方法が複雑である
  • コストが高い

オールセラミッククラウンの製作手順

オールセラミッククラウンの製作手順を以下に示す。
  1. 支台歯形成
  2. 精密印象採得
  3. 咬合採得
  4. 作業用模型の製作
  5. 歯型のトリミング
  6. 歯型の形状の三次元的計測
  7. コーピングの製作
  8. 陶材をコーピング上に築盛






「オールセラミッククラウン」の文献・書籍など

【読み】

おーるせらみっくくらうん

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

クラウン・ブリッジの症例リスト

胃食道逆流症に伴う酸蝕症をオールセラミッククラウンで補綴した症例

54歳の患者さんの、酸蝕症の症例を報告します。酸蝕症は、歯にとって審美的にも機能的にも悪い影響を及ぼしています。この症例の場合は、胃食道逆流症に伴い、主に上顎前歯部に酸蝕症が現れています(画像1・画像2:初診時の口腔内写真)。

本症例では、オールセラミッククラウンを用いて間接法で酸蝕症の修復処置を行いました。完成した補綴物(画像3)、装着直後の口腔内写真(画像4・画像5)、装着後6ヶ月後の口腔内写真(画像6)をそれぞれ示します。
酸蝕症の患者は、近年増加傾向にあります。

他の疾患よりも酸蝕症の場合は、補綴後のフォローアップとカウンセリングが、長期の良好な予後のために非常に重要になってきます。

出典:Mohammed Thamer AlShahrani, Satheesh B. Haralur, Mohammed Alqarni. Restorative Rehabilitation of a Patient with Dental Erosion. Case Rep Dent. 2017.

1Dでこの症例を見る

技工士さんの技術に感動しました。

携帯で撮ったのでわかりにくいですが、とても美しい…。あ、それだけです。笑

ステインのように見えますが、周りの歯との調和をとるために技工士さんは敢えていれているのですよね。

それを知らずに歯科衛生士のプロケアで傷つけることはあってはならないですね。

超音波やエアフロー、ポリッシングなど処置内容は状況に応じ、注意深く選んでいかなければと感じます。

1Dでこの症例を見る

ラミネートベニアとクラウン。
歯科技工士さんがベストな仕事をできるように、治療計画を立案し、下準備をし、マージンを形成する。
歯科技工士さんは異なる種類の修復物を使用しながら、審美的な補綴物・修復物を製作する。

1Dでこの症例を見る