歯科衛生士法

「歯科衛生士法」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

歯科衛生士法とは?

歯科衛生士法とは、歯科衛生士の職務や資格を規定した法律である。歯科衛生士法は、歯科医師法・歯科衛生士法・歯科技工士法と合わせて「歯科三法」を構成している。歯科衛生士法は1948年(昭和23年)7月30日に交布され、1948年(昭和23年)10月27日に施行された。


歯科衛生士法の目的

歯科衛生士法の目的について、歯科衛生士法第一条では、下記のように規定されている。
この法律は、歯科衛生士の資格を定め、もつて歯科疾患の予防及び口くう衛生の向上を図ることを目的とする。



「歯科衛生士法」の文献・書籍など

【読み】

しかえいせいしほう

【文献・書籍】