咀嚼終末位

「咀嚼終末位」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

咀嚼終末位とは?

咀嚼終末位とは、咀嚼運動が終末するときの下顎の位置を意味する。咀嚼終末位は、咬頭嵌合位の機能的意義のうちの1つである。



咀嚼の流れと下顎の位置

咀嚼の流れと下顎の位置は以下である。
  • 咀嚼の初期:下顎は歯と歯が接触せずに反射的に閉口する
  • 食物が粉砕された後期:下顎は咬合嵌合位付近に位置するようになる
  • 嚥下直前:咀嚼終末位=咬合嵌合位となる
  • 嚥下時:咬頭嵌合位の少し後方で歯の接触が起こり、ついで滑走して咬頭嵌合位に戻り、その位置から閉口する




「咀嚼終末位」の文献・書籍など

【読み】

そしゃくしゅうまつい

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。