過剰歯

「過剰歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

過剰歯とは?

過剰歯とは、通常の歯数よりも過剰に形成された歯のことである。過剰歯のうち、顎骨内に埋伏しているものを「埋伏過剰歯」という。過剰歯は上顎正中部に埋伏した形で好発し、特にこれを「上顎正中埋伏過剰歯」と呼ぶ。上顎正中部以外の過剰歯の好発部位は小臼歯部である。また、過剰歯はその萌出の方向により「順生過剰歯」と「逆性過剰歯」に分類することができる。

「過剰歯」の文献・書籍など

【読み】

かじょうし

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

口腔外科疾患の症例リスト

珍しい3本の歯がつながってできた癒着歯です。
BA┐とその遠心の過剰歯の癒着
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3533612/

1Dでこの症例を見る

順生埋伏過剰歯、逆生埋伏過剰歯

#はじめての投稿

1Dでこの症例を見る

☆今日の矯正
オーバーオール、アンテリアレイシオは過剰歯を含まない

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事