歯の解剖学

「歯の解剖学」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯の解剖学とは?

歯の解剖学とは、乳歯や永久歯の歯髄・歯髄腔、配列、咬合、歯の先天的異常、歯列の発育・成長、歯の鑑別などを対象とした解剖学の分野のひとつである。

「歯の解剖学」の文献・書籍など

【読み】

はのかいぼうがく

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

アカデミックの症例リスト

この躍動感、伝わるといいな♥

1Dでこの症例を見る

カニクイアザラシの歯は、隙間が多く複雑な咬頭の形態をしており、主食であるオキアミを選別するための「篩」のような構造に進化しています。

カニクイアザラシはオキアミを水ごと口に含んだあと、オキアミだけを歯の特徴的な構造によって濾し取ることによって生き延びているのです。

ちなみに歯列は、門歯が上顎2本、下顎2-4本、犬歯上下2本ずつ、小臼歯上下8本ずつ、大臼歯上下2本ずつの計28-30本の歯を持っています。

© 2019 Howard Farran DDS, MBA

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事