不潔域

「不潔域」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

不潔域とは?

不潔域とは、歯面のうちプラーク、食物残渣などが除去されにくい場所のことである。不潔域はう蝕好発部位と大方同義である。
3大う蝕好発部位小窩裂溝歯間隣接面歯冠の歯頸側1/3である。
これら以外にも、
  • エナメル質の発育不全部位
  • 上顎後方歯の頬側/遠心面
  • 歯根露出象牙質面
  • 修復物辺縁
などが該当する。

「不潔域」の文献・書籍など

【読み】

ふけついき

【文献・書籍】

『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。