鋳造用リング

「鋳造用リング」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

鋳造用リングとは?

鋳造用リングとは、金属を鋳造する際に用いる、適切な長さのもしくはステンレス鋼のパイプのことをいう。通常は内径30mm,高さ35~40mmほどのステンレス鋼リングが用いられる。鋳造用リングの中には、埋没材が硬化し、リングを取り外しリングレス埋没体にする場合にはプラスチック製のものもある。



「鋳造用リング」の文献・書籍など

【読み】

ちゅうぞうようりんぐ

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
『スタンダード歯科理工学一生体材料と歯科材料一 第5版』, 楳本貢三ら, 株式会社学建書院, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。