カンチレバーブリッジ

「カンチレバーブリッジ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

カンチレバーブリッジとは?

カンチレバーブリッジとは、前歯・臼歯部欠損部に対して行う、延長ブリッジのことである。カンチレバーブリッジは残存歯への咬合負担が増すため、咬合力の強い患者・ブラキシズム患者には推奨されない。


「カンチレバーブリッジ」の文献・書籍など

【読み】

かんちればーぶりっじ

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。