ターンアンドプル

「ターンアンドプル」とは?歯科用語を解説
2019年10月16日

ターンアンドプルとは?

ターンアンドプルとは、感染根管治療において、主にKファイルを用いて小刻みなファイリング・リーミング操作で根管拡大・根管形成をする手技のことである。ターンアンドプルでは、Kファイルを1/4回転(ターン)させて根管壁に食い込ませ、その後引き抜く(プル)操作を行うことで、根管壁を切削する。ターンアンドプルは根尖部で過度に行われた場合は根管の直線化が生じてしまうことがある。

「ターンアンドプル」の文献・書籍など

【読み】

たーんあんどぷる

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.