ヤングプライヤー

「ヤングプライヤー」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ヤングプライヤーとは?

ヤングプライヤーとは、線屈曲用のプライヤーである。ヤングのプライヤーとも呼ばれる。
ヤングプライヤーは主に唇側線等のワイヤー屈曲に用いられる。ヤングプライヤーの先端部は細いため、ワイヤーサイズに注意が必要である。

「ヤングプライヤー」の文献・書籍など

【読み】

やんぐぷらいやー

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

マルチブラケットの症例リスト

【ヤングプライヤー】
ワイヤー屈曲に欠かせないのがプライヤーです。色々な種類のプライヤーがありますが、基本ヤングのプライヤー1本で殆どの矯正装置を製作してます。
ちょっとした調節にはスリージョーを使用しますが、ワイヤーに傷をつけたくないのでヤング1本勝負です。
ただ、ヤングのベンディング許容範囲と言うのが1.0mmらしいのですが…急速拡大装置などの脚部は1.1mm以上がほとんどです。
約10年。数はそこまで多くないですが、1.0mm以上のワイヤーをベンディングし続けるとヤングプライヤーはこうなりました。
こんな所から折れるとは思わなかったので、反動で自分の手で顔面強打するぐらいでした。経年劣化もあると思いますが、ヤングプライヤーを多用する方はお気をつけください。

1Dでこの症例を見る

「マルチブラケット」に関連する他の用語