ハーブスト装置(Herbst装置)

「ハーブスト装置(Herbst装置)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ハーブスト装置(Herbst装置)とは?

ハーブスト装置とは、骨格性上顎前突改善に用いられる、固定式の機能的矯正装置である。ハーブスト装置の原型は固定式だが、設計によっては可撤式装置としての使用も可能である。



ハーブスト装置(Herbst装置)の構造・特徴

ハーブスト装置は、上下顎のセクショナルアーチやリンガルアーチなどの顎内固定装置を、
  • センジ
  • チューブ
  • ピストン
などで固定して使用するものである。

ハーブスト装置は基本的には固定式のため、装着時に患者が不快感を覚えることがある。ただ固定式のハーブスト装置であれば、患者の協力性に関係なく、矯正力が24時間作用するため、6〜8ヶ月という短期間で効果が現れると報告されている。

ハーブスト装置(Herbst装置)の適応

ハーブスト装置の適応症は、骨格性の上顎前突である。




「ハーブスト装置(Herbst装置)」の文献・書籍など

【読み】

はーぶすとそうち

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語