スプーンエキスカベーター

「スプーンエキスカベーター」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

スプーンエキスカベーターとは?

スプーンエキスカベーターとは、う蝕除去用の歯科器材である。スプーンエキスカベーターは、文字通り匙状・スプーン状の刃部を持っており、これによりう蝕により感染した軟化象牙質を除去する。スプーンエキスカベーターは全体として片刃のハッチェットの形をしている。

「スプーンエキスカベーター」の文献・書籍など

【読み】

すぷーんえきすかべーたー

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

う蝕の症例リスト

こんにちは。
初めて投稿させて頂きます。

kr 30代男性
10年来の歯科受診で検診希望。
左下6実質欠損あり。自発痛なかったので、麻酔してカリエス除去していきました。コントラやスプーンエキスカ使用したら点状露髄しました。カリエスは頬側に広がってました。
自分はその時医院にあったダイカルとベースで覆とうしました。

2つ質問です。
①皆さんなら、点状露髄したら、どういった材料や処置法を考えられてますか?
②このように頬側のみで隣接まで含めないカリエスなら、最終修復はCRでしょうか?インレーでしょうか?
自分は隣接含めなければCRですることが多いのですが、その場合ベースを一旦外してダイカルの上にCRするものなのか悩んでおります。

ご意見、ご感想を教えて頂きたいと思います。
(デンタルの画像なくてすみません。)

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事