下顎頭

「下顎頭」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

下顎頭とは?

下顎頭とは、下顎枝の後方の関節突起の上端を下顎頭とよぶ。下顎頭の上面は関節面となっており。線維軟骨に覆われている。この線維軟骨直下の皮質骨は非常に薄く、その内部は細かな骨梁によって支えられている。下顎頭は長軸をやや内方に向けた横長の楕円形をしており、その顎部内側の前面には外側翼突筋が停止する翼突筋窩が存在する。
下顎頭は英語ではhead of mandibleという。

「下顎頭」の文献・書籍など

【読み】

かがくとう

【文献・書籍】

『口腔解剖学 第1版』, 脇田稔ら, 医歯薬出版株式会社, 2009

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

解剖の症例リスト

左側下顎頭に生じた骨折の症例です???

1Dでこの症例を見る

最初の投稿に対し数名の方からいいねをいただき、図に乗ってしまいました。
国際的第一人者のDawsonの専門書より
噛み合わせの不正(不正咬合)が原因で顎関節痛や雑音などの機能障害が生じた場合、その治療方法は、以下の4つにまとめることができます。
 ①下顎が中心位にある時、全ての歯において顎位を保持する安定した咬合接触があること。
 ②前方滑走運動時、全ての臼歯部は離開すること。
 ③平衡側の全ての臼歯部は離開すること。
 ④側方滑走運動時、あるいは下顎頭の限界運動時に、作業側の全ての臼歯部に咬頭干渉がないこと。
機能的不正咬合を解消する治療は、技術的には難しいのですが、治療方法の選択は単純です。すべての疾患がこの治療方法で治るようです。

1Dでこの症例を見る