モンソンカーブ

「モンソンカーブ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

モンソンカーブとは?

モンソンカーブとは、篩骨鶏冠付近を中心とする半径4インチの球面に、下顎の切縁や咬頭頂が接触するという、モンソン球面説基づいた三次元的咬合彎曲のことである。モンソンカーブは現在では否定されているが、歯列再建の基準としては非常に有効であり、オクルーザルプレーンアナライザーで、歯列がこの基準に沿っているかを診断可能である。

「モンソンカーブ」の文献・書籍など

【読み】

もんそんかーぶ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。