二次う蝕

「二次う蝕」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

二次う蝕とは?

二次う蝕とは、修復歯の修復物辺縁に近接して再発したう蝕である。二次う蝕は、初期う蝕の修復物と残存歯質との界面に生じるう蝕のことをいう。二次う蝕は二次カリエスとも呼ばれる。



二次う蝕の分類:辺縁性二次う蝕と再発性二次う蝕

二次う蝕は辺縁性二次う蝕と再発性二次う蝕に分類できる。辺縁性二次う蝕とは、修復物の周囲に生じる二次う蝕である。再発性二次う蝕とは、初期う蝕の感染歯質が残存していることにより生じる二次う蝕である。
二次う蝕は辺縁性二次う蝕と再発性二次う蝕とに分類はできるが、実際の歯科臨床においては両者の鑑別は困難であることが多い。辺縁性二次う蝕を予防するためには、修復物の形態や材料、設計を見直したり、遊離エナメル質を除去することが有用である。

二次う蝕の原因

二次う蝕の原因としては、以下の因子が挙げられる。いずれもプラークが歯質と修復物との間に貯留することにより、二次う蝕は生じる。
  • 歯質と修復物との接着不良による微小漏洩による二次う蝕
  • 修復物辺縁部の破折による辺縁漏洩による二次う蝕

二次う蝕の好発部位

二次う蝕の好発部位は、歯肉側辺縁である。歯肉側辺縁は辺縁歯質のう蝕抵抗性が低いことや、また術者の技術的要因も関与している。

二次う蝕の治療法

二次う蝕の治療法としては、パッチ修復が推奨されている。二次う蝕の治療は従来では、修復物を撤去し、窩洞形成からやり直すことが一般的であった。
しかしMI(ミニマルインターベンション)の考え方から、二次う蝕の治療においては欠陥部のみ部分修復をするパッチ修復が現在では推奨されるようになった。




「二次う蝕」の文献・書籍など

【読み】

にじうしょく

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

う蝕の症例リスト

【コーヌス冠義歯】
Pt:弁置換術前70代女性
S:心臓の手術をすることになった。入れ歯を作り直したい。
O:11、24歯根破折。旧自費義歯が入っていたが、適合不良だった。21〜23もHRJの歯頚部2次カリエスであった。
A:弁置換などの術前にIE(感染性心内膜炎)等の原因になりそうな感染源は除去しないといけないので、根破折歯は抜歯適応。21〜23は残せそうだが、PCもあまり良くない高齢女性でクラウンとした時に再度歯根破折や2次カリエスとなった際、再治療が難儀することが予想される。内冠として使用するコーヌス冠義歯を提案し、了承を頂いた。
P:11、24抜歯。コーヌス冠義歯作成。
D:同上。
C:コーヌス冠義歯は内冠、外冠作成にかなり時間がかかる。技工士さんとの連携が必要だし、内冠試適で問題なければ次外冠試適ですって言われたのにやっぱりレジンでキー作って、と言われたり、技工士側もかなりシビアになる症例なんだなと思った。専門家から言わせたらこの症例はちゃんとしたコーヌス冠義歯というよりは「なんちゃって」な感があると思います。セットしてからまだ半年ですが問題は起きていないし、患者さんは満足してくれています。

写真1枚目:完成した内冠、コーヌス冠義歯
写真2枚目:内冠試適し、レジンキーを付けているところ
写真3枚目:内冠セット時
写真4枚目:義歯装着時
写真5枚目:上顎咬合面観
写真6枚目:下顎咬合面観

1Dでこの症例を見る

【Prep(Preparation:形成)】
Pt:リウマチ、心臓病既往の60代女性
S:金歯がたぶんむし歯になっている。
O:37Vital(+)Goldインレー下2次カリエス
A:リウマチ患者で中年女性(痩せ形)ということもありPCが悪かった。そのために2次カリエスになったと思われる。咬合力は強くないと思われたため最後臼歯であるが接着によるセラミックを選択。遠心のクラックは除去すべきと考えたので形態はテーブルトップとした。
P:1hアポ C除去、裏装、Prep
D:形成は縁上には留めたためシングルコードで印象。滲出液防止のためバルクベース裏装のときから圧排糸は入れておいた。スティッキーワックスを用いて何度もクリアランスを確認したのに少し時間がかかった。
C:インレー下2次カリエスの形成であったためガイドグルーブ等を形成することができずクリアランス調整に時間がかかった。クリアランス確認のためにもっといい方法はなかったのだろうか。

余談ですが、以前の外勤先ではセラミック形成の際に裏装をせず、シールドフォース2度塗りとい方法をとっていた。エビデンスはあるようだが硬化後マージンにバリができたり、形成量が大きくなったりであまり好きではなかった。その後別の外勤先でバルクベースと出会ってから診療スタイルががらっと変わった。光深度が4mmあるし、裏装に厚みが取れるので安心感があるから僕は好きです。

写真1枚目:術前
写真2枚目:Goldインレー除去時
写真3枚目:C除去後
写真4枚目:バルクベースで裏装、Prep後
写真5枚目:咬合時側方面観
写真6枚目:おまけ(既往なし30代男性症例)

1Dでこの症例を見る

【前歯部形成印象、TEK】
Pt:既往のない20代女性。下記Sを主訴に当科初診。CRの2次カリエスからの歯髄壊死、慢性根尖膿瘍であった。RCF後、補綴処置を希望された。
S:歯ぐきが腫れてきた。綺麗に治してほしい。
O:C3処置歯、デンタル上で根尖は治癒過程。
A:CR充填で終えることも考えられたがもともとCRしている範囲や、今後の根破折・変色の可能性を説明した上で歯冠補綴の選択肢となった。
P:形成印象、TEK作成
D:同上、印象はダブルコードテクニックを用いて行った。
C:TEK形態の善し悪しはあるが大事なのはやっぱりマージンのフィットだな、と改めて考えさせてくれた症例でした。たまに症例写真で見る印象で歯肉溝にすごく厚いシリコンが入り込んでいて、石膏模型でめっちゃマージンが見える印象法、どなたか教えて下さい。。

写真1枚目:形成後
写真2枚目:シェルTEKマージン調整
写真3枚目:ダブルコードテクニックを用いた印象の印象面
写真4枚目:ファイナルセット前、TEKを取ったところ
写真5枚目:ユニセムにて接着
写真6枚目:セット後1w

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事