顆頭球

「顆頭球」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

顆頭球とは?

顆頭球とは、生体の下顎頭に相当する咬合器の球状の部分である。顆頭球は咬合器の上弓あるいは下弓に取りつけられ、顆路指導板に対して回転あるいは滑走し、咬合器の開閉運動、矢状および側方運動を規制する。



顆頭球の位置による咬合器の分類

顆頭球の位置により、咬合器は分類することができる。
下弓の部分に顆頭球を持つ咬合器はアルコン型咬合器と呼ばれる。
上弓の部分に顆頭球を持つ咬合器はコンダイラー型咬合器と呼ばれる。




「顆頭球」の文献・書籍など

【読み】

かとうきゅう

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語