両側性平衡咬合

「両側性平衡咬合」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

両側性平衡咬合とは?

無歯顎患者に咬合床を装着し、下顎を前方・側方滑走運動をさせると、クリステンセン現象が現れる。両側性平衡咬合とは、このクリステンセン現象によって生じる間隙を、前後的・側方的調節彎曲の付与ならびに臼歯部人工歯の咬頭によって代償し、下顎側方運動時に作業側・平衡側の両者において咬合接触を与えて義歯を安定させる咬合のことである。

両側性平衡咬合においても、咀嚼時に作業側上下顎臼歯咬合面間に食塊が存在するときは、片側での力学的平衡、すなわち片側性咬合平衡を付与する必要がある。この状況では平衡時の臼歯部人工歯間の咬合接触が失われるためである。

両側性平衡咬合の種類

両側性平衡咬合はいくつかに分けられる。
  • フルバランスドオクルージョン
  • リンガライズドオクルージョン
  • 交叉咬合
  • 無咬頭歯の両側性平衡咬合
    • 調節彎曲をつけて排列する方法(Beresin法)
    • バランシングランプ法(Sears法)

「両側性平衡咬合」の文献・書籍など

【読み】

りょうそくせいへいこうこうごう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。