インプラントアナログ

「インプラントアナログ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

インプラントアナログとは?

インプラントアナログとは、口腔内のインプラントやアバットメントの複製である。インプラントアナログは一般にステンレスなどの金属でできている。インプラントアナログはインプラントの補綴上部構造を作製するための作業用模型を作る際に必要となる。インプラントアナログは主に技工操作の過程で用いられるため、インプラント体のプラットフォーム周囲のみを忠実に再現した技工用インプラントアナログが使用される事が多い。インプラントアナログはインプラントレプリカとも呼ばれる。

「インプラントアナログ」の文献・書籍など

【読み】

いんぷらんとあなろぐ

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『歯学生の口腔インプラント学 第3版』, 高森等ら, 医歯薬出版株式会社, 2014.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

インプラントの埋入の症例リスト

模試で、インプラントの問題があり、方向指示棒やインプラントアナログ、印象用コーピングが選択肢にあったのですがよく分かりません……。教えてください!

1Dでこの症例を見る