インレー・アンレーに関連する症例

1Dにシェアされた症例のうち「インレー・アンレー」に関連するものをピックアップ

インレー・アンレーの症例リスト

上顎右側第一小臼歯・第二小臼歯の間接修復。
MODインレーの症例です!

1Dでこの症例を見る

【方針変更する勇気】
患者担当医制でない歯科医院で働いていた頃の症例。
セット時からはじめましての患者さん。(前医:インレーセットやっといて)
1. インレーセット前診査、ディスカッション後に治療方針変更(PIAR)。
2. 支台歯形成
3. Immediate dentin sealing (resin coating technique)
4,5. 支台歯形成 (ファイナル)
6. セット(パナビアV5)
7.術後

[参考文献]
・Posterior indirect adhesive restorations: updated indications and the Morphology Driven Preparation Technique. Marco et al. 2017
・Posterior indirect adhesive restorations (PIAR): preparation designs and adhesthetics clinical protocol. Federico et al. 2017

1Dでこの症例を見る

【Direct(ラバーダムを使ったCR症例)】
Pt:特記すべき既往のない中年女性。元歯科医師。
S:昔に海外で入れたセラミックが動いている気がする。あまり歯を削られたくない。
O:5番遠心に入っていたセラミックインレー脱離。
A:ただのC2。昔、海外の先生にも歯をあまり削られたくない旨をお伝えしたとのこと。だからこの形のインレー窩洞、接着不良の可能性か。
P:初めてのラバーダムを使ったCR 一応1hアポ
D:Direct Bonding
C:当時外来には口腔外科標榜ということもあってかレジン充填器が2種類しかなかった(現在は個人購入したものを使っている)。形が綺麗かというとそうでもない。ボンディングも1液性を使用している。ただエッチングはG−Fixに入ってるので代用したり短針使ったりと工夫した記憶がある。更に言うならラバーダムによるIsolationがまだ下手である。

写真1枚目:初診時
写真2枚目:カリエスチェッカーを用いてC除去後
写真3枚目:コンポジタイト(Garrison)を隔壁に使用
写真4枚目:まずは壁を作る
写真5枚目:下層から積層充填、咬合面はエステライトアステリアのOcEを使用
写真6枚目:術後

1Dでこの症例を見る

【Prep(Preparation:形成)】
Pt:リウマチ、心臓病既往の60代女性
S:金歯がたぶんむし歯になっている。
O:37Vital(+)Goldインレー下2次カリエス
A:リウマチ患者で中年女性(痩せ形)ということもありPCが悪かった。そのために2次カリエスになったと思われる。咬合力は強くないと思われたため最後臼歯であるが接着によるセラミックを選択。遠心のクラックは除去すべきと考えたので形態はテーブルトップとした。
P:1hアポ C除去、裏装、Prep
D:形成は縁上には留めたためシングルコードで印象。滲出液防止のためバルクベース裏装のときから圧排糸は入れておいた。スティッキーワックスを用いて何度もクリアランスを確認したのに少し時間がかかった。
C:インレー下2次カリエスの形成であったためガイドグルーブ等を形成することができずクリアランス調整に時間がかかった。クリアランス確認のためにもっといい方法はなかったのだろうか。

余談ですが、以前の外勤先ではセラミック形成の際に裏装をせず、シールドフォース2度塗りとい方法をとっていた。エビデンスはあるようだが硬化後マージンにバリができたり、形成量が大きくなったりであまり好きではなかった。その後別の外勤先でバルクベースと出会ってから診療スタイルががらっと変わった。光深度が4mmあるし、裏装に厚みが取れるので安心感があるから僕は好きです。

写真1枚目:術前
写真2枚目:Goldインレー除去時
写真3枚目:C除去後
写真4枚目:バルクベースで裏装、Prep後
写真5枚目:咬合時側方面観
写真6枚目:おまけ(既往なし30代男性症例)

1Dでこの症例を見る

【補綴物の写真】
完全に自己満で(笑)、補綴物の写真を取ることがたまにあります。
使っているカメラはCanon Kissx9iに純正のリングフラッシュです。
リングフラッシュを外して横から光を当てたり、鏡の上に補綴物を置いてみたり‥‥
フラッシュに薄紙貼ったり、ツインフラッシュにしてみたりっていうのも試してみたいんですが皆さんはどんな方法で撮影されていますか?

1Dでこの症例を見る

こんにちは。
初めて投稿させて頂きます。

kr 30代男性
10年来の歯科受診で検診希望。
左下6実質欠損あり。自発痛なかったので、麻酔してカリエス除去していきました。コントラやスプーンエキスカ使用したら点状露髄しました。カリエスは頬側に広がってました。
自分はその時医院にあったダイカルとベースで覆とうしました。

2つ質問です。
①皆さんなら、点状露髄したら、どういった材料や処置法を考えられてますか?
②このように頬側のみで隣接まで含めないカリエスなら、最終修復はCRでしょうか?インレーでしょうか?
自分は隣接含めなければCRですることが多いのですが、その場合ベースを一旦外してダイカルの上にCRするものなのか悩んでおります。

ご意見、ご感想を教えて頂きたいと思います。
(デンタルの画像なくてすみません。)

1Dでこの症例を見る

【インレーブリッジの適応とは】
保険のブリッジで、インレーブリッジは基本外れるから支台歯はクラウンにするというのは鉄則のように思います。
最近ゴールドの綺麗な形成を見る機会があり同じような形成を使えないかと思いこの症例でトライしてみました。
その他の歯牙は全て8番までバイトしており、全て天然歯。マウスピース使用です。
算定は⑤はインレー、⑦は4/5冠で行ないました。

ご指摘として、保険のパラでアイランド形成は技工士サイドの難易度が高い、⑥の抜歯窩治癒をもう少し待つべきというお話を聞きました。

皆さんはインレーブリッジ作成する機会ありますでしょうか?
もしされる場合はどういう時適応としているのでしょうか?
それともインレーブリッジは絶対悪なんでしょうか?
宜しくお願い致します。

1Dでこの症例を見る

間接修復。完全なラバーダム防湿が必須。

1Dでこの症例を見る

メタルインレーを外して、審美的なポーセレンのインレーをsetしたケースです

1Dでこの症例を見る

【技工士さんの治療】
院内技工士さんに二次カリエスからのインレー脱離後処置をお願いされました。
処置経過を写真で撮って、近遠心にクラックあるからコンタクト取らせてくださいとか形成デザインを話しながら処置を行ないました。
いつも形成や印象を見られている院内技工士さんから治療をお願いされるって誉だなぁと思って頑張ったんですが、まさかの近心のシリコン流れててる…😅
うまい具合にしてくれるみたいなんですが、、まだまだダメだなと感じました。
外したPGAを再利用して自分でGoldアンレー作製するそうです😊
ゆるい投稿お許しください。

1Dでこの症例を見る
コンタクトポイントに関する文献を探しています

コンタクトポイントに関する文献を探していますが、大学のときの教科書などにはほぼ記載が無く、何か参考になりそうな文献ございましたら教えていただけないでしょうか?、

1Dでこの症例を見る

5番が近心傾斜していたため齲窩下底部でストリップスがうまくマージンフィットせず、隣接をスライスカットしたために最終的な隣接面形態が微妙になってしまった症例です。

5番は生切する前にコンタクトを作成、セラカルにて被覆しています。

1Dでこの症例を見る

おそらくMODインレーが入っていて、頬側歯冠の破折を起こしたケースです。

1Dでこの症例を見る

間接修復と直接修復の適応症を実証する上では、とても良いケースです。
第一大臼歯および第二小臼歯は根管充填済みです。

© 2018 maximbelograd
http://en.belograd.com/module2_eng

1Dでこの症例を見る

ブリッジの設計について
上顎6番ポンティックの 567ブリッジを装着するのですが、5番は健全歯、7番は近心に小さなう蝕があります。患者さん本人はブリッジを希望しており、この場合5番7番はあまり削りたくなくインレーブリッジにしようと考えているのですが、みなさんはどう思いますでしょうか。また、インレーブリッジはあまり臨床的に良くないのでしょうか。よろしくお願い致します。
患者さんは20代でインプラントは考えていないです。

1Dでこの症例を見る

院内技工をしてますが、セラミックインレーやハイブリッドインレーのセット、調整について普段の臨床でどのように行なっているかお伺いしたいです。
うちでは隆線がきちんと付与された点接触が求められているため、調整された技工物は全てラボで形態修正、研磨清掃してチェアーに戻ります。セラミックインレー等も同様なのですが、チッピング防止の為にセット後に口腔内調整するのが推奨されているようです。(実際、マージンがチッピングして戻ってくることもあります。)

口腔内で形態を付与するのは容易ではないと思うので、何かいい方法はないかなと悩んでおります。

1Dでこの症例を見る

クレンチングブラキサー強めの方の臼歯部1級、2級の修復についてですが、
まず、しっかり指導するのは大前提として
歯の負担考えると、e-max、ジルコニアなどよりCRのほうが良いのでしょうか。

1Dでこの症例を見る

最近、Pdの価格が高騰してきました。
それに伴い、クリアランスも薄い状態での模型がかなり多いです。
穴が開くので盛り上げてメタル調整して納品するのですが結局、調整中に穴が空きましたと再製で帰ってきます。
ちょっと理不尽な気もしますが、どうでしょうか?

1Dでこの症例を見る

最近パラが高騰してるので
ルビーシルバーってやつでFMCを製作することが増えてきましたが皆さんもそんな感じなんですか?

1Dでこの症例を見る

質問です。
エナメル質削ってのCR充填だったら
エッチング→ボンディング→CR充填だと思います。
FMCやインレー装着の時はFMCやインレーにはメタルプライマーで処理をして、歯質にはどのような処理をするのでしょうか?
またメタルコアを装着するときにもどのような処理をするのでしょうか?

1Dでこの症例を見る

セットし終わったときなんて説明していますか?なにが正解なのかわかりません!!!

1Dでこの症例を見る

あんまり診療の愚痴とかは言いたくないのですが、結構多いのが、Metal外してもMetal。

風呂入るのにズボン脱いだけど、パンツ履いていた。
みたいな...。

ウチの近所って、そんなんばっかり。

一番アコギな歯科医院は、
「手抜き治療をする歯科医の経営する医院」
です。

潰れてしまえ。

って思います。

1Dでこの症例を見る

上顎臼歯部の治療、いまだに構えてしまいます。
ミラーテクニックやポジショニング、基本を確認しながら行っているのですが、
こうすると治療に抵抗がなくなった!こういうコツがある!などあれば伺いたいです。

1Dでこの症例を見る

金パラが異常に高くなっているので、最近は銀合金を患者さんに同意を得て使用しているのですが、みなさんはいかがですか?

1Dでこの症例を見る