マルチブラケットに関連する症例

1Dにシェアされた症例のうち「マルチブラケット」に関連するものをピックアップ

マルチブラケットの症例リスト

【ヤングプライヤー】
ワイヤー屈曲に欠かせないのがプライヤーです。色々な種類のプライヤーがありますが、基本ヤングのプライヤー1本で殆どの矯正装置を製作してます。
ちょっとした調節にはスリージョーを使用しますが、ワイヤーに傷をつけたくないのでヤング1本勝負です。
ただ、ヤングのベンディング許容範囲と言うのが1.0mmらしいのですが…急速拡大装置などの脚部は1.1mm以上がほとんどです。
約10年。数はそこまで多くないですが、1.0mm以上のワイヤーをベンディングし続けるとヤングプライヤーはこうなりました。
こんな所から折れるとは思わなかったので、反動で自分の手で顔面強打するぐらいでした。経年劣化もあると思いますが、ヤングプライヤーを多用する方はお気をつけください。

1Dでこの症例を見る

矯正治療予定の患者さんの口腔内です。上顎4番、下顎5番抜歯予定。上顎はインコグニート、下顎はデーモンブラケットです。自覚症状は一切ありません。
なるべく早く矯正治療を開始したいとの事でした。

今回審美塾でお話したいのは、治療の順番です。
どのような順番でどうすると効果的か一緒に考えていきましょう。完璧な正解は臨床の現場ではありません。

なのでこうしなければいけないと言った考えより、こうするともっとよいかもという発想で皆様と症例を共有したいです。

実際の治療例を順番にあげていきます。

Q.あなたならこのお客様にどのような歯科的対応をしますか?

1Dでこの症例を見る

【恐らく矯正用歯間分離ゴムによって歯周膿瘍が引き起こされた症例】

思春期の歯肉が健康だった患者に、歯間分離ゴム装着後急速に歯槽骨吸収が起こり、歯周膿瘍が併発した症例

論文では、病変の徴候が見られた場合、早めにX線画像を撮ることが求められるとされている。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3335709/

1Dでこの症例を見る

【初期のワイヤーの歪み】
よく学生の頃から『ワイヤー屈曲が苦手』と言う声を聞いてました。
自分も大嫌いでした。
しかし、曲げなければ仕事になりません。
学生の頃の最大の敵は『ワイヤーの歪み』でした。いつの間にか模型に合わなくなってる…直そうとするとワイヤーが傷つく…
そんな時に教えてもらったのが初期の歪みにはワイヤーを弾くといいと言うこと。
説明しますと…
①ワイヤーをアーチ状に屈曲すし、平な所に置く。この時歪みが発生しているとワイヤーがカタカタと動く。
②平な所に置いたワイヤーの歪んでいる場所を手で抑えながら弾く。この時歪みが平なな場所に対して山(盛りがる)折りになるように置く。
③歪みが取れるまで弾く
言葉では説明しにくいですね…
動画などで説明出来たらいいんですが…
この『初期の歪み』を直すことでワイヤー屈曲がかなり楽になります。

1Dでこの症例を見る

【鑞着のあれこれ①】
技工士サイドの鑞着には色々種類があると思います。ブリッジの鑞着だったり、はたまた溶接して鑞を流したり…
その中で『矯正』も鑞着を多用します。
補助弾線やLingual Arch、Wire Retainerなどなど…
学生の頃はとても苦手でした。すぐにワイヤーは黒く酸化し、鑞着しなければいけないワイヤーはどんどん短くなっていく…模型も黒くなり崩壊していく…
しかし10年も矯正鑞着をやり続けると『慣れ』ていきます。
もし、学生さんて実習で鑞着が上手く出来ない人がいるならちょっとしたコツとして…
①炎の先をよく見て下さい。
②鑞は熱い方へ流れます。
③鑞着したい処は接してますか?
特に③のコツが大切で、ワイヤー同士が接触してないと鑞は思うように流れてくれません。
試してみて下さい。

1Dでこの症例を見る

ご相談です
わかる方いらしたらご回答お願いします

40代女性 矯正中(半年以上経過)
主訴 右上3の突然の変色
3週ほどそこだけブラケット外して経過見ましたが状況変わらず。失活したような変色あり。打診、腫脹、冷温痛、自発痛、圧痛なし。パルパー反応なし。
矯正中まれに変色→装置外すと変色が戻る例があるとのことで、経過見ています。
デンタル、CT撮影行ったところ、フェネストレーションが疑われる画像所見でした。
根管内に不透過物が見られましたが、これは矯正前からあるようです。
こういうケースは、根治を行ったほうがいいのでしょうか?
また、変色の原因と考えられるのは何でしょうか?
示唆頂ければと思い投稿します。よろしくお願いします。

1Dでこの症例を見る

【症例相談】
主訴:歯茎の形を整えたい。(部位は12-22、33-43)
50代女性、降圧薬等内服なし。
PPD全周2〜3mm、上下顎共に十分な角化歯肉幅あり。
矯正前は頬舌側に歯がガタガタしていたが、歯茎は矯正前から同じような感じだったかも、ということ。

ボーンサラウンディングしていないのですが、パントモ上では骨ラインは高すぎる感じがないので、フラップなしで理想の歯肉ラインで歯肉切除術が良いかなと思っています。
①それともやはりフラップして骨の状態を確認すべきなのか
②矯正器具は術後どのくらいまで外しておいてもらうべきか(最低二週間、歯茎が落ち着くまで?)
③理想的な歯肉ラインは何を参考にすべきか
④歯肉切除術の場合、電気メスと普通のメスを使用した場合のメリットデメリット
等、ご教授いただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

1Dでこの症例を見る

マルチブラケット装置による矯正治療の過程。

1Dでこの症例を見る

マルチブラケット矯正のビフォー&アフターのケース。

1Dでこの症例を見る

非抜歯によるマルチブラケット矯正のケース。

1Dでこの症例を見る

クロスバイトの症例に対する非抜歯での上下顎マルチブラケット矯正ケースです。

1Dでこの症例を見る

ももクロ百田夏菜子が歯列矯正を告白 ファンから悲しみの声(ニフティニュース)

●ももいろクローバーZの百田夏菜子が「歯並びの方を整えようかと思います」と報告した
●百田の投稿にファンからは「エクボは取らないでね」といった悲しみの声が寄せられた
●元メンバーの有安杏果が交際報告をしていたことから「影響されたな」といった声も

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12273-184918/

1Dでこの症例を見る

捻転歯の修正。

1Dでこの症例を見る

歯科助手をしてます。
私自身の口腔内のパノラマなんですが
ブラケットオフの直前です。

左上のバンドスペースがなかなか埋まらず
咬合が安定したので外したのですが
無理にでも補綴してスペース埋めた方がいいと
思いますか?

1Dでこの症例を見る

アーチワイヤの屈曲についての質問です。
トウイン(トーイン?)とはどんな屈曲の仕方なんでしょうか?
医歯薬の教科書にはイラストが載っているぐらいで特に説明が見当たらないのでもし分かる方いらっしゃったらお願いします。

1Dでこの症例を見る

深いオーバージェット、深いオーバーバイトの症例です。矯正治療途中です。

1Dでこの症例を見る

H.23とH.28の歯科疾患実態調査で、不正咬合の叢生ありの割合が大きく違うのは何故なのか分かる方いらっしゃいますか?
見方が違うのですかね。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/62-23.html

https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/62-28-02.pdf

H.23
12-15歳の叢生ありは、77.9%
16-20歳の叢生ありは、81.0%

H.28
同上が、27.6%
同上が、23.3%

元々母数も小さいですが..
よろしくお願いします!

1Dでこの症例を見る

矯正のリテーナーについてお聞きします。
本日始めて拝見した検診の患者さん。
30代女性で上顎3ー3の口蓋側に犬歯間リテーナーが付いています

10代の頃にブラケット矯正を終えて、リテーナーをつけないと正中離開しちゃうからと付けたそうです。

いつ外れるのかと聞いたら「さぁ?もう通ってないので」とおっしゃっていました。

矯正の知識が乏しく、わかる方に教えていただきたいんですが、この場合、犬歯間リテーナーは半永久的に付けていなくてはいけないのでしょうか?

前歯間の清掃がしづらいです。仕方ないことなのでしょうか??

1Dでこの症例を見る

リンガルの矯正中に歯が舌側に倒れないようにするにはどうすればいいのでしょうか#1Dはじめました

1Dでこの症例を見る

質問させてください。

◇マイオブレース矯正で、過蓋咬合のお子さんのバイトを上げるためには、トレーナーは何を選択しますか?参考にしたいので、理由などもお聞かせいただけたらありがたいです。

◇バイオブロックの利点、欠点

◇ランパ矯正を実践されている先生がいましたら、お聞きしたいのですが、見た目は上顎牽引装置に似ているように思うのですが、目的や結果の差など、教えていただけたらありがたいです。

1Dでこの症例を見る

学生1年です。矯正歯科の歯科医院に勤めたいと考えています。やはり、矯正について授業や講義以上に勉強しておいた方がいいのでしょうか?また、勤めた時に必ずと言っていいほどやらなくてはならない、矯正歯科での業務はどんな事か、是非知りたいので、教えていただきたくコメントしました。

素敵な歯科衛生士さんになりたいので頑張ります🥺

#1Dはじめました

1Dでこの症例を見る