顎関節疾患に関連する症例

1Dにシェアされた症例のうち「顎関節疾患」に関連するものをピックアップ

顎関節疾患の症例リスト

これもまた、珍しい解剖学的形態です。パノラマエックス線撮影時に偶然、ハート状の下顎頭が発見されました。
これは「下顎頭二分裂症」と呼ばれており、顎関節症の症状を伴うことが多いとされます。
下顎頭の発生時における物理的刺激による骨化障害の結果として生じると考えられているようです。

1Dでこの症例を見る

【 臨床での気付き 】

10年以上前に当院に来られていて、中断後再来時から担当させていただいている患者さんです。

ぱっと見はそれほど歯肉の炎症は無いのですが、全顎的な歯周病と5⏌の垂直的骨欠損、部分的に強いHysのある方です。

50代の男性ですが、再来からは継続的に来院されています。

かかえこみのある歯列でクレンチングもあり、ナイトガードも勧めましたがはめた状態で寝れない…と断念されていました。

担当ドクターから、5⏌は破折の疑いありで抜歯の診断が出ていたのですが、一度ルートチェックしたいと相談しSRPを行いました。

結果、少し改善は見られたもののまた緩みそうな弱い歯肉…その時お世話になっている歯周病認定衛生士さんとのディスカッションで「 5⏌のバイトの状態を確認した??」とご指摘頂き、後日担当Drに確認をするとかなり強く当たっていることが発覚しました。

咬合調整をしたところ、5⏌のポケットもかなり改善し、抜歯をまのがれました。

今回の大きな学びは

・口腔内を全体像としてみる必要性
・5⏌が”なぜ失活歯になったのか”の追求の不足
・衛生士も咬合をみれるようになる必要性

まだまだ口腔内のみならず、X線の読影・分析など至らないところが多すぎますが、いつも患者さんに育てていただいてるな…と感じる毎日です。

1Dでこの症例を見る

皆様の歯科医療機関に顎関節の痛みや違和感・雑音を訴えている方が来院されていると思います。そのような患者さんにスプリントやカウンセリング・外科処置を行っているようですが、どれも効果が薄く副作用が強い危険な治療です。正しい咬合理論を学ぶことにより、患者さんに適切な噛み合わせを与え、顎関節の障害を完治させることができます。一緒に勉強してみませんか。
http://外川歯科医院.top/kogoriron.html

1Dでこの症例を見る

最初の投稿に対し数名の方からいいねをいただき、図に乗ってしまいました。
国際的第一人者のDawsonの専門書より
噛み合わせの不正(不正咬合)が原因で顎関節痛や雑音などの機能障害が生じた場合、その治療方法は、以下の4つにまとめることができます。
 ①下顎が中心位にある時、全ての歯において顎位を保持する安定した咬合接触があること。
 ②前方滑走運動時、全ての臼歯部は離開すること。
 ③平衡側の全ての臼歯部は離開すること。
 ④側方滑走運動時、あるいは下顎頭の限界運動時に、作業側の全ての臼歯部に咬頭干渉がないこと。
機能的不正咬合を解消する治療は、技術的には難しいのですが、治療方法の選択は単純です。すべての疾患がこの治療方法で治るようです。

1Dでこの症例を見る

何かテーマにして意見交換したいこと、あるいは聞きたいことがあればお願いします。
※僕はDawson系なら答えられます。

1Dでこの症例を見る

TCHの説明をうまく患者さんに説明する仕方はありますかね?

なかなか患者さんに理解してもらえないです💦

1Dでこの症例を見る

こんばんは!
TCHについて勉強したいなと思っているのですが、お勧めの勉強会はありますでしょあか!

1Dでこの症例を見る

スプリントの有効性。以前は、ドクターがスプリントの調整を行ってましたが、ここ数年スプリントの調整を衛生士が行ってます。本来は、歯科医師がやるべき事を理解している上で質問させて頂きます。

調整の際、前歯を当てずに、臼歯両側4-7を均一にBTさせるように指示されます。
スプリントは、対処療法になることも分かってますが、スプリントを使用の方には全て同じ調整でよろしいでしょうか?
顎関節症の急性期、ブラキシズムが強い方、THCの方、いろんな症状があると思いますが、気をつけるポイントや、意識して診るポイントあれば教えて下さい☆

1Dでこの症例を見る