全身管理に関連する症例

1Dにシェアされた症例のうち「全身管理」に関連するものをピックアップ

全身管理の症例リスト

【コーヌス冠義歯】
Pt:弁置換術前70代女性
S:心臓の手術をすることになった。入れ歯を作り直したい。
O:11、24歯根破折。旧自費義歯が入っていたが、適合不良だった。21〜23もHRJの歯頚部2次カリエスであった。
A:弁置換などの術前にIE(感染性心内膜炎)等の原因になりそうな感染源は除去しないといけないので、根破折歯は抜歯適応。21〜23は残せそうだが、PCもあまり良くない高齢女性でクラウンとした時に再度歯根破折や2次カリエスとなった際、再治療が難儀することが予想される。内冠として使用するコーヌス冠義歯を提案し、了承を頂いた。
P:11、24抜歯。コーヌス冠義歯作成。
D:同上。
C:コーヌス冠義歯は内冠、外冠作成にかなり時間がかかる。技工士さんとの連携が必要だし、内冠試適で問題なければ次外冠試適ですって言われたのにやっぱりレジンでキー作って、と言われたり、技工士側もかなりシビアになる症例なんだなと思った。専門家から言わせたらこの症例はちゃんとしたコーヌス冠義歯というよりは「なんちゃって」な感があると思います。セットしてからまだ半年ですが問題は起きていないし、患者さんは満足してくれています。

写真1枚目:完成した内冠、コーヌス冠義歯
写真2枚目:内冠試適し、レジンキーを付けているところ
写真3枚目:内冠セット時
写真4枚目:義歯装着時
写真5枚目:上顎咬合面観
写真6枚目:下顎咬合面観

1Dでこの症例を見る

障がい者施設の家族会に参加してまいりました。

1Dでこの症例を見る

【喫煙、糖尿病、骨粗鬆症で歯の喪失リスクが増加】
喫煙、糖尿病、骨粗鬆症が「歯の喪失リスク」を増加させることが、富山大学の研究チームによって明らかにされました。
また、短い教育歴や肉体労働の職歴がある場合も、歯の喪失リスクが高いことが分かりました。
同研究チームは「高齢者の歯の喪失原因を包括的に評価した貴重な研究」であると説明しています。

https://www.u-toyama.ac.jp/education/news/2019/0619.html

1Dでこの症例を見る

インプラント埋入から5年経過したところで急激な高度の骨吸収が起こりました。その2週間後に心筋梗塞で1ヶ月の入院。退院から2ヶ月後、全身状態も落ち着いているので浸麻下でデブライドメントしたところ、1ヶ月程で骨が少しずつ戻ってきました。全身管理も大事だという事を身をもって知らせてくれた大切な症例です。

1Dでこの症例を見る

歯科の点数決まりましたね。
訪問歯科診療の点数に大幅に変わりはないですね。
摂食機能療法からVE(嚥下内視鏡)が要らなくなったのはうれしく思います。

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000193003_00002.html

1Dでこの症例を見る

ターミナルの方です
乾燥が強くて粘膜が裂けてきています

1Dでこの症例を見る

訪問歯科の方です
ステロイドを使用している方の舌の状態です

1Dでこの症例を見る

訪問診療の方です。
舌を噛んだ記憶がないのに内出血がある例です。
この場合の舌の内出血は、内臓系の悪化を示していることがあります。

1Dでこの症例を見る

訪問診療の方です。
認知症が重度の方で全く言葉を発することができません。
口唇をずっと吸ってる方でした。
残根部が鋭利になり、口唇に刺さっていました。
どのぐらいの間気づかれなかったのかは不明です。

1Dでこの症例を見る

茶色は体の冷えを表していると考えられます

1Dでこの症例を見る

訪問診療の方です
IVHという輸液だけで過ごされている方です
見えにくい写真で申し訳ありません
口蓋全体的に痰が乾燥して張り付いています
口腔を使用していなくても不潔になります
これが剥がれて肺に入ると誤嚥性肺炎になる可能性があります

1Dでこの症例を見る

訪問歯科の方です
入院されており急激に体調が悪くなった方です。
痰の量がかなり多くなっています

1Dでこの症例を見る

‪老衰が死因第3位に、肺炎は5位になりました。
老衰が増えているというよりは、誤嚥性肺炎で死亡した場合に「肺炎」ではなく「老衰」と死亡診断書の死因病名に記載する医師が増えたからだそうです。‬

‪三大死因に初めて「老衰」 死亡診断書の書き方変化?:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45934830R10C19A6000000/‬

1Dでこの症例を見る

慢性歯周炎の原因細菌であるポルフィロモナス・ジンジバリス菌がアルツハイマー病患者の脳内で確認されたという研究が、Scienceに発表されました。

歯周病の原因菌がアルツハイマー病に関連している可能性を示す研究結果(ニューズウィーク日本版)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/post-11628.php

▶元論文
Porphyromonas gingivalis in Alzheimer’s disease brains: Evidence for disease causation and treatment with small-molecule inhibitors
http://advances.sciencemag.org/content/5/1/eaau3333

1Dでこの症例を見る

最近、往診で咽頭ガンによる栄養不良リスクを避けるために胃瘻になった方をみています。82歳で総義歯なんですが、化学療法のみですが、予後も良く経口摂取を希望されている方で、医科ではまだOKが出ていないのですが、施設の方も経口させてあげたいという希望から歯科での見解を医科の先生に伝えて欲しいと言われました。口腔機能低下症の検査を行ない、やはり機能低下は認められますが、以前より義歯でのMFTトレーニングでかなり改善はみられています。歯科として、他に出来る事取り組める事はありますか?

1Dでこの症例を見る

【もし訪問先で患者様が倒れていたら 在宅歯科カレッジ12回目】
https://youtu.be/cP9HJkc8gu4

訪問歯科を導入するために必要な情報をお届けいたします。
今回は
訪問先で患者様が倒れていたらどうするのか?
という場合についての動画になります。

在宅歯科カレッジ
https://www.facebook.com/groups/1726578800959273/

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

訪問歯科導入のための勉強会を東京で開催いたします。
令和2年1月27日 東京都文京区 科研製薬が部式会社19階会議室にて開催

訪問歯科導入勉強会 全職種参加可能 在宅歯科カレッジ35回目
https://www.facebook.com/events/443298233291822/

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1Dでこの症例を見る

【施設はあまり点数があがらないって本当? 在宅歯科カレッジ17回目】
訪問歯科を導入するために必要な情報をお届けいたします。
今回は施設と在宅の点数の違いについての動画となります。
https://t.co/Gr3ot5llS6

1Dでこの症例を見る

教えて下さい☆
昨年より、往診を行っていて、最初よりどんどん荷物が増えて来ています。在宅や施設を回るのときにおすすめの収納BOXやおすすめの携帯グッズなどあれば教えて下さい☆

1Dでこの症例を見る

「かかりつけ歯科医」がいると生存率は高くなり、
「かかりつけ内科医」がいると生存率は低くなる

という英語論文があるらしいのですが、どなたかご存知ないでしょうか?

研究に使うのではなく、単純な興味本位ですがw

1Dでこの症例を見る

今朝方お亡くなりになった方の訪問に伺いました
在宅で火葬される前に対面できるのは初めてのケースでした
衛生士で納棺士の知り合いに
「とにかく保湿が大事!入れ歯入れないこと」
と教わっていたので、対応させて頂きました

入れ歯は入れずに綿が入っていたので、そのままにしています
肌は乾燥していたので、保湿クリームをよく塗るようにご家族様にお話できました。
年内に葬儀があげられ、火葬までできるとのことでした。

この時期に亡くなって、年内に火葬ができるのも運がいいと思います。
おだかやに亡くなられた顔を拝見できたのが、
こちらも安心できました。

ご冥福をお祈りいたします。

1Dでこの症例を見る

ペースメーカー使用患者さんの、治療機器の使用についてのガイドライン?的なものを、ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?

1Dでこの症例を見る

【掌蹠膿疱症は、根尖病巣とタバコが強く関連】
〜金属アレルギーはあまり関連しない〜

という記事。

https://sp.fnn.jp/posts/00398780HDK

1Dでこの症例を見る

入れ歯を毎日手入れしないと
75歳以上の肺炎リスクは約1.6倍に

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191105/k10012164721000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005

NHKの記事になります

1Dでこの症例を見る

お盆前に抗菌薬についてのアンケートをとり700名以上の方に参加頂きました。
その結果を元に書きました。

AMR対策を歯科関係者はどれだけ知っているのか
https://www.spee2.work/entry/AMR_shika

自分達は口の中の症状のために抗菌薬を出します。
しかし、抗菌薬は全身に効くわけで抗菌スペクトルによっては自分が意図していない細菌にまで効果を発揮します。
そのせいで細菌は耐性を獲得するチャンスを得ます。
そういった事を本当に歯科の人達はわかっている、といえるのでしょうか・・・。

1Dでこの症例を見る

虫歯や歯周病で死ぬ事は今の時代ほぼ無いかも知れないけれど、虫歯"菌"、歯周病"菌"で死ぬ事はあるとこがもっと広がれば良いのになぁと周術期ケアをしているとつくづく思います

1Dでこの症例を見る

セデーションを取り入れている開業医さんってどのくらいいらっしゃるのでしょう。

1Dでこの症例を見る

新しいブログをアップしました。

歯周病原因菌とアルツハイマー病の関連性論文がScience Advanceに
https://spee.hatenablog.com/entry/gingivalis_AD

今回は大学とかep〇RKとか全然関係ない話です。
歯周病と全身の関連に関して新しい論文がでて、自分も興味があったのでちょっと読んでみたぞ、という感じです。

1Dでこの症例を見る

サルコペニアはギリシャ語で筋肉を意味するsarxと喪失を意味するpeniaを合わせたもの。
だから歩行速度、握力、bmi、下腿周囲を測ったりする。年齢も大事。

1Dでこの症例を見る

歯周病が認知症の原因の一つになっていることが論文で発表されました。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2019/02/post-11628.php

1Dでこの症例を見る