咬合調整に関連する症例

1Dにシェアされた症例のうち「咬合調整」に関連するものをピックアップ

咬合調整の症例リスト

【 臨床での気付き 】

10年以上前に当院に来られていて、中断後再来時から担当させていただいている患者さんです。

ぱっと見はそれほど歯肉の炎症は無いのですが、全顎的な歯周病と5⏌の垂直的骨欠損、部分的に強いHysのある方です。

50代の男性ですが、再来からは継続的に来院されています。

かかえこみのある歯列でクレンチングもあり、ナイトガードも勧めましたがはめた状態で寝れない…と断念されていました。

担当ドクターから、5⏌は破折の疑いありで抜歯の診断が出ていたのですが、一度ルートチェックしたいと相談しSRPを行いました。

結果、少し改善は見られたもののまた緩みそうな弱い歯肉…その時お世話になっている歯周病認定衛生士さんとのディスカッションで「 5⏌のバイトの状態を確認した??」とご指摘頂き、後日担当Drに確認をするとかなり強く当たっていることが発覚しました。

咬合調整をしたところ、5⏌のポケットもかなり改善し、抜歯をまのがれました。

今回の大きな学びは

・口腔内を全体像としてみる必要性
・5⏌が”なぜ失活歯になったのか”の追求の不足
・衛生士も咬合をみれるようになる必要性

まだまだ口腔内のみならず、X線の読影・分析など至らないところが多すぎますが、いつも患者さんに育てていただいてるな…と感じる毎日です。

1Dでこの症例を見る

入れ歯を作りなおして欲しいという主訴で、義歯を新製したのですが、痛みが収まらず、ほぼ毎日のように来院される患者さんがいました。

義歯のどこかに問題があり、痛みが出ているのだろうと思い、何度も調整を繰り返していました。

調整した後は、痛みはなくなりますが、次の日にまた、耐え難い痛みが出て、急患で来院する日が続いていました。

正直自分でも、その義歯に大きな問題があるとは思えず、調整もすべきところが見当たらなくなっていました。

そして、以前、大学病院で勤務していたときの上司の患者さんで、似たような症状があったことを思い出し、それが、神経障害性疼痛であったことを思い出しました。

医科のかかりつけ医に、神経障害性疼痛の疑いで、痛みの原因の精査と、神経障害性疼痛なのであればリリカを処方してもらえないかと対診しました。

そして、主治医よりリリカが処方され、義歯の痛みはなくなりました。

今回、神経障害性疼痛であるという判断が遅くなり、患者さんに辛い思いをさせてしまいました。

もし、義歯の痛みが、続き、判断がつかない場合は、他科へ対診することも必要であると強く感じました。

1Dでこの症例を見る

咬合についてご質問があります。
患者さんなどの咬合に関してなのですが、顎位のずれや咬合高径などを審査診断する際に参考にできる書籍やセミナーなどはございますか??

1Dでこの症例を見る

私自身ブラキシズムが酷くて、毎晩スプリントをしています。
ブラキシズムの予防としては、
・スプリントの使用
・寝るときリラックスするように(寝てしまうと無理ですが)
・昼間の食いしばりは自分でコントロール
・咬合調整
他に何か良い方法はありますか?

1Dでこの症例を見る

スプリントの有効性。以前は、ドクターがスプリントの調整を行ってましたが、ここ数年スプリントの調整を衛生士が行ってます。本来は、歯科医師がやるべき事を理解している上で質問させて頂きます。

調整の際、前歯を当てずに、臼歯両側4-7を均一にBTさせるように指示されます。
スプリントは、対処療法になることも分かってますが、スプリントを使用の方には全て同じ調整でよろしいでしょうか?
顎関節症の急性期、ブラキシズムが強い方、THCの方、いろんな症状があると思いますが、気をつけるポイントや、意識して診るポイントあれば教えて下さい☆

1Dでこの症例を見る